バルトレックス

バルトレックスとはこういうお薬です。

バルトレックス

バルトレックスは、ヘルペスの症状に強力な治療効果のあるお薬です。国内で最も処方されているヘルペス治療薬で、ヘルペスの症状を抑えるだけでなく、再発抑制効果もあります。

当サイトでは効果や副作用、実際に利用しているヘルペス患者の皆様による口コミなど、バルトレックスに関する有益な情報を提供していきます。

効果・効能

服用をすることによって早期の治療効果が期待できますが、自然治癒の場合ですと大体2週間~4週間程度の期間を要することがあると言われております。
バルトレックスを服用してヘルペスウイルスを抑制する事により、自然治癒に比べて半分ぐらいの期間で同様の治療効果が出ます。
症状が重くなる前に改善することができるので、ヘルペスは早期の治療が非常に重要であると言われております。
バルトレックスはヘルペスの症状を抑制する為にも有効ですが、ただ完治させる為のものではないということを理解しておくと良いでしょう。

ヘルペスウイルスは非常に厄介な存在とされているのですが、その理由は神経細胞に隠れ潜んでしまうという習性を持っているからです。
そして神経細胞に隠れているウイルスを退治する方法はまだありませんので、治療薬を飲んだとしても元からウイルスを無くすことはできません。

あくまでもウイルスを撃退して症状が出ないようにする為のものですので、治療薬を活用しながらヘルペスと上手く付き合っていくことが大切になるのです。

効果・効能に関する詳細

ヘルペスとバルトレックス

ヘルペスは身近な性病です。ウイルスが原因になって発症する病気ですが、ウイルス自体は多くの人が持っていますので突然発症する可能性があります。本来は人間が持つ免疫力によって抑えられている為に、ウイルスがあっても発症しない事が多いのです。
ところが風邪やストレス、病気などが原因で免疫力が低下すると、何らかのきっかけでヘルペスが発症します。

ヘルペスが発症した場合は治療薬で対処することが可能ですが、代表的な薬として挙げられるのがバルトレックスです。

この薬は飲み薬であり、バラシクロビル塩酸塩という有効成分を配合しているのが特徴。作用機序としてはDNAポリメラーゼの抑制になります。

バルトレックスの作用機序

そもそも症状が発生する原因は元になっているウイルスに増殖よるものですが、増殖に関係しているのがDNAポリメラーゼと呼ばれる酵素です。

ウイルスが増殖する為には情報が含まれたDNAを複製しなければいけませんが、酵素が活発に働くことでヘルペスウイルスが複製及び増殖してしまい、症状を発生させるようになります。

しかしバルトレックスを服用することでウイルスを増殖されているDNAポリメラーゼの働きを抑制することができるので、それによってウイルスが増殖してしまうのを抑制することができ、症状が重くなってしまうのを防止することができるのです。

その為、バルトレックスはDNAポリメラーゼ阻害薬とも呼ばれており治療の際によく利用されています。

バルトレックスの副作用

バルトレックスを服用する上で発生する可能性がある副作用についてですが、副作用としては頭痛や眠気、胃腸の不調などが挙げられます。

比較的軽度の副作用のみとなっていますので安全性が高い薬となっています。また、この治療薬は小児の水ぼうそうにも処方されることがあるほどの薬ですからリスクについてはそれほど心配はないと言えるでしょう。

副作用に関する詳細

バルトレックスの注意点

バルトレックスを服用すると、副作用として眠気が出ることがありますので、運転をする時には注意が必要です。
人によっては胃腸にも何らかの影響を与えることがあるので、高齢者や肝臓に障害を持っている方は医師に相談をしてから服用すると良いでしょう。

さらには一緒に飲む薬によっては副作用が出易くなること(相互作用)もありますので、飲み合わせに関しても医師によく確認をしておいた方が良いと言えます。

注意点に関する詳細

バルトレックスの飲み方

基本的に1回1錠を食後に飲み、そして処方された分は連続して飲むことが大切です。
大体5日分を処方されることが多いようですが、自己判断で服用を中止すると、完全にウイルスを抑制できない可能性がありますので注意が必要です。
仮に途中で症状が治まったとしても、症状を確実に抑える為にも処方された分は継続するのが望ましいとされています。

飲み方に関する詳細

バルトレックスのジェネリック

バルトレックスは代表的なヘルペス治療薬として処方されておりますが、ジェネリック医薬品も数多く存在します。
国内で販売されているジェネリック医薬品として、バラシクロビル錠があります。病院でバルトレックスを処方された際には、薬局に処方せんを持って行ってジェネリック希望という旨を伝えれば安価なジェネリック医薬品に変更する事ができます。
同様に海外からもバルシビルやセントレックスといったジェネリック医薬品が販売されており、通販でこれらの医薬品を購入する事ができます。

ジェネリックに関する詳細

バルトレックスの個人輸入に関して

バルトレックスのような処方せん医薬品が、なぜ通販で購入できるのでしょうか?
それは医薬品の個人輸入が、個人利用の場合に限り厚生労働省で認可されているからです。国内で処方せんがなければ買えない医薬品も、個人輸入という形であれば法的に認められているのです。
もちろん、個人輸入業者には得体のしれない偽物を売りつける悪質な業者も存在します。

バルトレックスは通販購入できます!

通販のメリット①:実際、薬価が安い!

バルトレックスは最も強力で効果のあるヘルペス治療薬として、国内で最も多く処方されているお薬です
その効果においては確固たる実績と信頼があるものの、1錠あたり436円と非常に薬価が高くなっております。
実際にバルトレックスを服用している利用者からは、「薬価が高い!」「もっと安くならないのか!?」といった声も多く聞かれます。

当サイトでご紹介している通販サイト(あんしん通販薬局)では、以下のお値段でバルトレックスを販売しております。

  • バルトレックス500mg錠(10錠入り):3,980円
  • バルトレックス500mg錠 2箱セット:6,567円
  • バルトレックス500mg錠 3箱セット:9,015円

セットで購入すればさらに格安となり、実質1錠あたり約300円まで薬価が下がります。また、上記のあんしん通販薬局では7,000円以上のお買い物で送料が無料となります。
病院で処方された場合、1錠あたり436円の薬代に毎回の診察費が加算されるので、通販購入に比べて割高となるのは明白です。

通販のメリット②:同居者にばれない!

バルトレックスの利用者には、性器ヘルペス(いわゆる性病)に感染して、同居者に知られたくない方も多くいらっしゃいます。病院のみならず、通販でご自宅への配送も抵抗があるという方もいるでしょう。

あんしん通販薬局では、ご自宅への配送以外にも郵便局留めという配送手段もありますので、同居者に知られることなくバルトレックスを購入する事もできるのです。

通販のメリット③:スマホでお手軽購入

あんしん通販薬局は完全スマホ対応ですので、スマホからいつでもどこでも簡単に購入ができます。
決済方法はクレジットカードと銀行振込から選べます。忙しい方でも、電車の中や出先から手軽にバルトレックスを購入できるのです。

バルトレックスの通販に関する詳細

バルトレックスの口コミ

性器ヘルペスの再発抑制にバルトレックスは必須です

口コミ評価4

コージィさん(31歳/自営業)

避妊具をつけずに性交渉を何度か行った結果、性器に痛みを感じるようになりました。

最初は気のせいだろうと考えていましたが、次第に痛みが強くなり、見ると疱疹ができていました。

性器が熱を持ち始めたので、これは大変なことになるかもしれないと病院に駆け込んだところ、医師から性器ヘルペスだと診断されました。

知らないうちに性病に感染していたようで、そのときは病院から治療薬としてバルトレックスを処方してもらいました。

2週間ほど飲み続けた結果、性器ヘルペスにより起こった痛みや疱疹は治すことができました。

しかし医師からは、ウイルスは体内に残っているので、いつ再発するかわからないと言われて不安になりました。

性器の痛みはつらいものがあるので、普段から再発抑制としたいと考え、バルトレックスを通販で購入することにしました。

処方箋でもらったバルトレックスはすべて使い果たしていたので、通販で購入して手元に置いておきたいと考えたからです。

これでもし痛みを発症してもすぐに服用できるので安心です。

肛門のヘルペスで医者に行くのに抵抗がありました

口コミ評価5

四郎丸さん(28歳/会社員)

風俗に通った1週間後くらいから、性器に痛みを感じるようになりました。

特に肛門付近がじくじくと痛み、今まで感じたことのないような違和感があります。

鏡で見たところ、肛門周辺に疱疹のようなものがありました。

ネットで調べたところ、どうやら性病にかかったようで、肛門や性器周辺に疱疹ができる性器ヘルペスであることがわかりました。

放っておいてもなおらないので、通院したほうがいいというのはわかっているものの、肛門を医者に診察してもらうのは抵抗がありました。

どうにか自宅で治療できないかと考えていたときに、性器ヘルペスに効果があるバルトレックスという薬を通販で購入できることを知りました。

早速、通販で取り寄せて、服用しました。

服用し始めてから2日後に、肛門や性器周辺の痛みが消え、新しい疱疹ができていないことを確認しました。

バルトレックスの効果がきいているとわかり、そのまま服用し続けたら、3週間もすると完全に疱疹が消えました。

通院するのが恥ずかしかったので、家で治療できてよかったです。

ヘルペスの再発抑制に個人輸入で購入

口コミ評価5

ソープマンさん(45歳/会社員)

風俗に通っているうちに、いつのまにか性病をうつされて性器ヘルペスになりました。

性器ヘルペスは痛みが発症するので、一番初めに発症したときはびっくりして病院に駆け込みました。

医者に性器を見られるということで恥ずかしい思いをしましたが、その結果、薬を処方してもらい治すことができました。

ただ、医者からは体内に入ったウイルスを根絶できたわけではないから、免疫力が低下したときに再発する恐れもあるといわれました。

痛みが発症すると、ズボンにこすれるだけでも痛いので、再発抑制を日ごろからしておきたいと思いました。

そのようなわけで、性器ヘルペスを治療するのに効果があるバルトレックスを購入することにしました。

医師の処方がなくても、バルトレックスは個人輸入することができる薬なので、万が一の時のために家にストックしておくことにしました。

性器ヘルペスは発症するときは、痛みが最初に出てくるので、少し痛みを感じたときはすぐに服用し、ひどくならないようにしています。