バルトレックスの効果

バルトレックスヘッダー

ヘルペスの治療と再発抑制に強力な効果

国内で最も処方されているヘルペス治療薬

バルトレックス

バルトレックスはバラシクロビルを有効成分とした飲み薬で、第2世代の抗ウイルス薬となります。医師の処方薬であり、水ぼうそうや帯状疱疹、単純ヘルペスといったウイルス性の感染症に効果を発揮します。

ヘルペスと呼ばれるウイルスは、人間に感染するもので8種類が知られており、感染する部位によって名称は異なりますが、基本的に同じウイルスで、口から性器へと、性器から手へと感染することも少なくありません。

帯状疱疹とアシクロビル

帯状疱疹は水ぼうそうが原因で起こる病気で、幼少期に潜伏感染したものが歳を重ねて抵抗力が落ちた頃に再発する病気です。

ヘルペスウイルスは感染するとウイルスDNAを複製して増殖するようになりますが、抗ウイルス作用のあるアシクロビルと呼ばれる成分がDNAの複製を阻止して増殖を抑えることができます。

アシクロビルはバルトレックスの有効成分であるバラシクロビルのプロドラッグとなっており、体内に吸収されるとバラシクロビルがアシクロビルに変換され効果を発揮します。

優秀な効果のバラシクロビル

従来のヘルペスウイルスの治療薬はアシクロビルを使用していましたが、吸収率が低く半減期が短いことから1日に5回は服用する必要がありました。

しかし、バラシクロビルは吸収効率が良く、代謝作用によってアシクロビルへと変換されるため、服用回数も1日3回で済む優位性から、現在ではバルトレックスが第一選択の飲み薬となっています。

バルトレックスは活性化したウイルスには特効薬となりますが、ウイルスが潜伏してしまうと意味のないものへと変わってしまいます。

ヘルペスウイルスは一度でも発症すると完治が難しい病気と言われており、活性化したウイルスとは別に神経細胞に潜伏するものもあります。

普段は免疫力で抑えられますが、疲労や病気、体調不良によって抵抗力が落ちると活性化し、突然暴れ出して神経や皮膚を攻撃するようになります。

こういった特性からも、ヘルペス患者にはバルトレックスのようにウイルスを強力に抑制する薬が不可欠となるのです。

バルトレックスで再発抑制

2006年には、バルトレックスの効能にヘルペスの再発抑制効果が適用されました。。

現在では治療よりも再発予防に使用することが中心となっており、病院でも再発抑制のための処方(条件付き)が可能となっています。

早めに使用すればするほど効果を発揮する治療薬なので、症状が出たらすぐに病院に診察を受けるようにしましょう。